◇「三田まつり」にまち協有志で出店!今回で4回目

 まち協の有志が集まり、8月5日(土)、郷の音ホール駐車場ほかで行われた「三田まつり」で、焼きそば、フランクフルトのお店を出店しました。

 今回は、お天気も良く、暑い暑いおまつり広場。恒例の夕立もなく、17時ごろから人出はピークとなり、20時からの花火が始まる前に用意していた食数は完売しました。買っていただいたお客さん、ありがとうございました。

 おかげさまで、今年は、ゆっくりと花火を鑑賞することができました。

 収益については、今後のまち協の活動に使わせていただきます。

◇多世代交流事業”むこっこ夏休み講座”多彩に!

 29年度は、子どもたちの食の自立、災害時に役立つ料理の知識などに重点をおいて多世代交流手作り料理教室を開催します。講師は地域の大人たちです。

 4月は「どら焼き」、夏休み中に「バウンドケーキ」「振って振って振ってピザ」「手打ちそば」「屋台焼きそば」などを体験します。

 

■■これまでの活動■■

◇サツマイモの苗植えや伝統料理を体験しました。

💛サツマイモの苗植え

 6月15日(日)、むこっこ広場実行委員会とまち協は、下深田にある「むこっこ農園」でサツマイモの苗の植え付けをしました。参加した子どもたちは、マルチの穴あけ、苗の植え方などを教えていただきながら約70本の苗の植え付けを完了しました。

💛かまどご飯と棒パンづくり

 6月15日(日)、イモ植えを終えたあと武庫が丘コミセン北側駐車場で、かまどで炊くご飯とロケットストーブで焼く棒パンづくりを体験しました。かまどでお釜を使って炊くご飯(豆ごはんとカレーライス)は、いつもの炊飯器で炊くご飯と違って格別。また棒パンは、パン生地を木の枝に巻き付けて、おじさんたちが作ったロケットストーブでじっくり焼き上げました。

 今回は練習で、夏休みには多くの皆さんと楽しみましょう。

 

むこっこのみなさんにしいたけの原木に菌を植えていただきました。